子どもと預金

学資保険とは

学資保険とは、将来の教育費のために受け取る時の子どもの年齢をあらかじめ設定し、それまでの間毎月保険料を支払うことで満期時に給付金としてまとまったお金が支給されるという保険です。タイプとして、子どもの入院に関する保障などの保障がない分、満期時に払い込んだ金額よりも多くの金額が戻ってくる貯蓄タイプと、生命保険のように親や子どもの死亡に保険金が支払われたり病気怪我に対して給付金が下りるなど、保障特約がついたタイプのものがあります。払い込み期間は保険会社によっていろいろ設定されていますが、ほとんど中学入学の15歳から大学卒業の22歳までの間に設定されていて、選択ができます。


いろいろ特約が付いていると、二重にも三重にも保障されているような気がしてしまいがちですが、親が生命保険に入っていれば、学資保険で親の死亡保障を受けなくてもいいはずですね。また高校入学や大学入学の時など20万円30万円とまとまった御祝い金が出るものもあり、得したような気分になりますが、満期時の額から前払いという形で支払われているだけの場合もあります。結局、満期には元本割れ状態になっているということもあるので注意が必要です。


育英年金付の学資保険というものがあります。親に万が一のことがあったら保険金の支払いは免除になり、契約期間内は育英年金として教育資金が受け取れるため、不安なく学業が続けられる、さらに満期には保険金がちゃんと支払われるという保険です。しかし、原則として学資保険は親が死んだり高度障害になった場合は以後の支払いが免除され、予定の保険料がもらえるようなしくみになっています。そして育英年金付の学資保険では満期に元本割れを起こしている場合があります。毎年受け取る育英年金の額から払込保険料の差引が38万円を超えると、子どもは親の扶養対象ではなくなります。そうなったら児童手当なども受け取ることができなくなるので、うたい文句に気を取られないでよく調べたほうが良いでしょう。


すすめられるままに保障を付けていくと保険料がどんどん膨らんでいくのは当たり前です。子どもの学業資金のための保険なら、目標をどこに置くかをきめることは大事です。例えば高校までは公立の学校と考え、大学入学資金を目標としているのならば、18歳までは手を付けない方がいいですね。中途解約すると元本割れを起こします。


学資保険は子どもが小さい時期の加入ほど、月々の保険料の支払い額が少なくてすみます。よく定期預金との比較をされますが、たとえ今の定期預金は金利が低いといっても、元本割れはありません。もちろん保障特約なども有りませんが。そして学資保険は口座振替なので、例えば児童手当をそのまま学資保険として振替れば、引き落とし不可などという事はないでしょう。何かあっても定期預金よりは手を付けにくいのも、メリットのひとつでしょうか。保障を重視するのか、最終的に受け取る額を重視するのかをよく考えて、どちらのタイプにするかを決めることですね。支払期間が長いので、最終的にいくら受け取れるのかファイナンシャルプランナーなどに計算してもらい、把握しておくことが必要ですね。