こどもがお金を貯める

日本人はとかく昔からお金にこだわることを嫌うところがあり、特に子どもがお金に興味を持つのを戒めるという風習がありましたが、最近では学校教育にも、もっと積極的に「お金に関する」授業が必要だと思う人が多くなっています。インターネットには、家庭での子どもへの金銭教育をどのようにしたら良いか、という質問も多くなっているようです。


「社会的にも皆同じであることが良いこと」、という今までの日本の価値観が、機会は平等でなければならないけども、その結果は「自己責任」である、という風に変わってきていることの表れでもあるかもしれません。現代は政府に任せておけば年金で老後も安心、などとはとても信じられない状況です。現代は他の人にまかせて何とかしてもらうのではなく、自分自身にお金の知識が無ければ、生活自体ができなくなっているのです。


高校生や中学生だけでなく、なんと小学生でも「子どもでもお金を稼げる方法」をインターネットで検索しているといいます。きちんとした正確な情報や方法を、学校や家庭で教える必要は差し迫っていると言えますよね。私も子どものころ親から貯金をしてお金を貯めるやり方など、教えられないできたと思います。親は子どもにはまだ早い、実社会に出れば自然と覚えるだろうと考えていたのだと思います。昔はそれが普通でした。私自身、金融経済に対してもう少し真摯に向き合ってくればよかった、と今では後悔していますよ。


今は金銭教育の一環として、お年玉やお小遣いを子ども達自身に管理させようと考え、実践している人が多くなってきたようですね。昔は親が預かって銀行や郵便局に積み立ててくれたり、いただいたお金は親に渡して、欲しいものは親に言って買ってもらっていた、というほうが多かったのではないでしょうか。自分の貯金が現在どのくらいあって、残高はいくらかということを知っている子は、今でも少ないのではなかと思います。


子どもが自分でお金を管理するには、やはり安全で信用のある「銀行」がいいようです。ネット専用銀行などでは、通帳もなく、どのくらい貯まっていっているのかなど実際の数字で確かめることができにくいでしょう。子どもと一緒に銀行へ行って子ども名義の口座を作り、自分の名前が付いた通帳やカードをもらうのは、子どもにとってもちょっと大人になったようで、うれしい緊張感が生じるでしょうね。各銀行とも、子ども名義の通帳やカードは、キャラクターものなど可愛いものが揃っているのも楽しいですね。


欲しいものがあったらその為にお金を貯める、ということは無駄使いの防止にもなりますし、忍耐力も養われるでしょう。小学校の高学年ぐらいだったら、「金利」ということを教えるのもいいでしょうね。預金の種類や長期間貯めておけばお金が増えるというしくみ、その運用方法なども教えたいものです。家族でお金の話をするのは、コミュニケーションのための共通の道具としてもいいと思います。自分の夢の実現のためにお金を大切に管理し、情報を正確に判断できるように小さいうちから教育していくのは、親の義務の一つかもしれません。