日本の貯金箱

「貯金箱」は大変古くから世界各国にそれぞれ存在しており、入れ物に大事なものをしまっておく、という行為は人間の本性みたいですね。「貯金箱」と言うとどこか懐かしく感じるのも、幼いころの生活の片隅には、必ず貯金箱があったからではないでしょうか。


日本でも、すでに縄文時代の末にはあった「甕」が貯金箱のルーツではないかと考えられています。稲作が始まって、収穫した穀物や大事な種もみを入れ物にいれてためておいた方が良い、ということに気付いたのでしょう。「蓄える」という考え方のスタートですね。室町時代の出土品の中に伊賀焼の壺があります。壺には使用目的がそれぞれ決まっていたようで、中には銭が入ったまま出土されるものがあり、一種の貯金箱であろうと言われています。その後江戸時代に入ると、徳川家康によって貨幣制度が整えられ、いわゆる商売が活発になりました。手数料をとって貨幣の両替や貸付、預金まで行う「両替屋」などの金融業者も現れ、このころには四方を鉄の金具で補強した頑丈な木製のいわゆる「銭函」にお金を貯めていました。ただし庶民は竹筒や壺を使っていたようです。


明治時代になると、欧米の近代文化も入ってきて銀行や郵便局の制度も整い、お金の流通システムが出来上がりました。開国したことで「富国強兵」や「産業の振興」が必要とされ、コツコツと仕事に励んで無駄遣いをしないという、いわゆる「勤倹節約」の思想が広められました。このころの貯金箱は「貯金玉」と呼ばれる「宝珠」の形をした焼き物が一般的だったそうです。宝珠とは、仏像が手の上に載せていたり、仏塔の頂上や橋の欄干に取り付けられている頭のとがった玉のことで、欲しいものや願い事を全て聞き入れてくれる、と言われています。貯金箱にはうってつけの形ですね。焼き物なので彩色されて、だんだんと装飾的になっていったようです。その後は各地の窯元でその地方の郷土人形や民芸品などが貯金箱としても焼かれ、バラエティーに富んだものが現れだしました。そしてその頃から大黒様やだるま、福助、招き猫など、いわゆる縁起物の置物型の貯金箱が盛んに作られるようになったのです。


そして昭和に入ると「鉄腕アトム」などのマンガが大ブームとなり、いわゆるキャラクターものが喜ばれるようになりました。銀行などでもプラスチックやソフトビニールのキャラクター貯金箱を、販売促進商品として盛んに使用していました。その頃の金融機関の景品は、マッチやカレンダーなどに限定されていましたが、貯金箱は昭和54年に配布が認められました。現在の三菱東京UFJ銀行の前身である三菱銀行の「ブーちゃん貯金箱」は、NHKの「ブー、フー、ウー」からヒントを得てつくられたもので、1年で150万個も配布されるほど人気があったとのこと。そして同じ三菱銀行のソフトビニール製ディズニーのキャラクター貯金箱は、今ではヤフオクで結構高い値段がついていましたよ。収集家にとっては人気の賞品のようです。


昭和に入ると素材の種類も多くなり、鉄、銅、ブリキ、などで造られました。戦後になると、ポリエチレンや塩化ビニールなどが多く使われるようになりました。最近では、おしゃべりする貯金箱や現在の貯金高がデジタル表示されるもの、コインをもぐもぐ口をうごかして食べてしまう貯金箱、個人専用のATM機ともいえるハイテク技術を駆使した貯金箱などもあります。硬貨を入れれば残高が表示されるのはもちろん、中のお金を引き出すには付属のキャッシュカードを使って暗証番号を入力しなければならないようです。コインを載せると、ふたが少しあいて猫が顔を覗かせ、手を出してコインを引っ張って行くものなど可愛い雑貨感覚のものもあり、インターネットで見ているだけでも楽しくなってしまいます。